リース時の注意

OA機器をリースする際には、事前にこのようなことに注意をしておかないと、損をしてしまう可能性があります。

まず、、という点です。契約の段階でこちらは確認を出来ますが、忘れずにいないと、期間ぎりぎりになってから大変な事態に陥るケースも少なくありません。リース品の場合は基本的に借りている物という意識を忘れずに持ち、期間が切れる前に、何かと計画と対策を練るようにして下さい。

次に、傷をつけたり、壊してしまわないように、丁寧に取り扱うという事が大切です。ついつい忙しいと雑に扱ってしまうという方も多いですが、リース品という事を忘れずに丁寧に使わないと、その分別途料金が発生してしまうでしょう。せっかくお得に借りられたにもかかわらず、最終的にお金が余計にかかってしまっては意味がありません。従業員にもリース品である旨を事前に伝えておき、丁寧に扱うように伝えておきましょう。

このように、リース品だからこそ気をつけて利用しないといけない部分も多くあります。コピー機の場合は特に、利用頻度が高い分、丁寧に取り扱わないと、こうした事態が起きやすくなってしまうでしょう。メリットとデメリットがあることを十分理解した上で、活用するようにして下さい。